福原寛ブログ 笛に想う

福原流笛方 福原寛のブログです。 どうぞよろしくお願いします。

ニューヨークにて

短期の渡米でしたが素敵な公演旅行となりました。

今藤長十郎先生の三味線公演にご一緒させて戴きました。

他のメンバーより一日遅れてのニューヨーク入りでした。
空港からのタクシーがマンハッタンに近づくとのんびりした風景から一転しての摩天楼。
その中でもセントラルパークは癒しの緑空間ですね。
143
近くに沢山の馬車が。

今回のメイン公演はカーネギーホールでしたが、その前日に「R45」という日本資本の洋服メーカーのニューヨーク支店で演奏。
ホテルにとりあえずチェックインし、さっと一風呂浴びてそのままお店に伺い、リハそして本番。
お店のスタッフ皆様にも大変お世話になりました。

翌日はいよいよカーネギーホールにて。
144
楽屋口から雰囲気がありますね!
名だたる演奏家たちの写真が飾られ、劇場の歴史を感じます。
先ずはホールを…
142
ニューヨーク・スタインウェイのPfが鎮座してます。

公演は吉原雀、三曲糸の調べ、楠公とたっぷり長唄を演奏致しましたが、英語の簡単な解説も入り最後にはスタンディングオベーションを頂戴するとても良い雰囲気の公演となりました!
知人のトラベルソー奏者のジョセフさんがお友達と来て下さり久しぶりの再会で嬉しいひと時でした。
異国で知人に出会えるのは心ほっとしますね。
141


終演後、長十郎先生のおすすめレストランで美味しいキャビアを戴きました。
(成功の打ち上げですね!)
139

ペトロシアン。カーネギーのすぐ近くのお店です。
138
クリームチーズとキャビアのハーモニーが…(^^)

翌日の夜のフライトでしたので、昼食はまた皆さんでセントラルパークの眺められる素敵なレストランに。
140

あっという間の…時差のある地方公演のような短い渡米でしたが、とても愉しい公演でした。
長十郎先生ありがとうございました。

帰りのJFK空港で時間までのんびりと…
145

附け打ちの会主催「和の音」

附け打ちの会、山﨑徹さん主催の「和の音」、無事に終わりました。
映像を使いながらのレクチャー主体、笛と打楽器そして附け打ちというシンプルな音のみでの表現。

リハーサルにも熱が入り…
と、参りたいところでしたが、時間が少なく大変でした(笑)
133
附け打ちの山﨑さん、歌舞伎囃子の太左久さん、パーカッショニストの太輔さん!

134
そして太鼓打ちの上田さん!

其々違った場所で活動している皆さんとでしたが、其々どこかで歌舞伎に携わってきた経験もある方達。
その時の経験談や内輪話にも盛り上がりました。

最後は、勘三郎さんの夏祭りの画像を断片的に使用しながら5人が自由にアプローチ。
愉しく、面白い試みとなりました!
135

映像の操作はなんと!山﨑さんが附け打ちをしながら!
一歩間違うと流れが悪くなってしまうところでしたが…
132
滞りなく!

最後に5人で一枚。
137

ご来場くださいました皆様!本当に有り難うございました。
江東区民センターと附け打ちの会のスタッフの皆様、ありがとうございました!

高松にて

今年はお稽古場でミニ浴衣会。
私のドタバタ弾き語り長唄と昌宏さんの独り囃子(笑)

皆さんで…
130

終演後は「ぎょうてん」さんで打ち上げでした。
皆様ありがとうございました!

私の気に入り浴衣の一つ…
131
リバーシブル生地でなかなか可愛いのです!

名古屋にて

名古屋笛のお弟子さん方を中心にした発表会をしてみました。
128
「横笛の集い」としまして名古屋稽古場の福原寛奏さんが中心となっていろいろとお世話して戴きました。
藍の会に参加していない方達や、寛奏さんの笛を楽しんでいらっしゃるグループの方達など、普段顔をなかなか合わせられない皆さんが楽しめるといいな!と思い企画してみました。
地方をお願い致しました皆様にはご無理ばかりしていただき恐縮ですが、お陰様でとても皆さん楽しんでいらっしゃいました。
六春さん、勝眞規さん、三澄那さん、三那都さん、昌宏さん、喜代音さん有り難うございました。感謝!

懇親会にも50人近い皆様の参加がありとても盛り上がりました!

会の最後には私がミニコンサートをさせえ戴きました。
129

お話を少しと、笛の曲「恵比寿・大黒」、長唄「蓬莱」を吹かせて戴きました。
また出来ると嬉しいです。

落合楼村上「和の音」

125
清流が落ち合う場所にある中伊豆湯ヶ島の宿「落合楼村上」
123

辺りの山深い清涼な空気だけではなく、部屋の中にも古き良き日本を感じられる素敵なところです。
121

此の度はすでに私も四回目となります「和の音」公演でしたが、いつもと少し趣向の変わったものとなりました。

附け打ち方の山﨑徹さんをお招きして演奏というよりは歌舞伎を支える効果音といった趣向で進めさせて戴きました。
124
紫檀の間では写真家の加藤氏による歌舞伎役者の写真展が開かれており、
迫力のある空間での公演となりました。
127
山﨑さんにお話をいろいろと伺いながら実際に附けの音を!
126
また笛と附けとで実際に歌舞伎で使われるいろいろな見得や立ち廻りのアシライなど「なるほど~!」っとお客様もうなずかれることが沢山ありました。(私もですが^_^;)
次回に歌舞伎を観るための準備にもなったようです。
途中で数名のお客様には附け打ちの体験もして戴きました!

附け打ちの技を後生に残していきたいという熱い想いの伝わる山﨑徹さんのお話と実演でした。
山﨑さん、落合楼の皆さん、そしてご来場くださりましたお客様、本当に有り難うございました。
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ