福原寛ブログ 笛に想う

福原流笛方 福原寛のブログです。 どうぞよろしくお願いします。

明けましておめでとうございます

image

image






























新しい年が始まりました!

去りし年を振り返るといろいろなことがありました。
暮れの締めくくりには毎年恒例の「学生長唄連盟定期演奏会」があり、国立音楽大学チリカラ座の子供達の演奏がありました。
image












花見踊を丁寧に演奏できて本人達も緊張しながらも楽しめたよでした。
後はOGやOBのも来てもらい忘年会兼打ち上げを!
image


新年1月は新橋演舞場の市川右團次丈襲名公演の昼の部に伺わせて戴いております!
単発ではこれも恒例のこども長唄演奏会などもあります。
image




























どうぞ皆様お出かけください!

昨夜ははやはり毎年のことになっております天城神社への初詣に行くことが出来ました。
image


本年も晴れやかに過ごせますように!

何卒よろしくお願い申し上げます!

叡南の阿闍梨さま

師走も半ばを過ぎたというのになかなかキュッと冷えません。
その様な気候のこともあってか比叡山にさしかかると霧が濃くなにか異世界へ誘われるようでした。

今回も叡南律院の大阿闍梨俊照さまに護摩御祈祷を頂戴するために出かけました。
163
いつも穏やかで大きく包むように接してくださり、心安らぐ時を戴けます。
護摩の御祈祷を戴き、有難いお加持を賜り体が清々しくなるような昼食を頂戴しました。
165
慎みがありながら美しく手入れされた庭を拝見しながら戴く精進料理は、なんだか身体の隅々まで染み渡るようです。
俗塵まみれの心を洗い流して下さるような心地にひたりながら律院を失礼致しました。
166


その後、千日回峰行ご満行間近の浩元さまにお目にかかるため玉照院へ。
162
叡山をさらに登ると濃霧から抜け、晴れた空の下美しい雲海が!
169

まるで天地の狭間に飛び出したようで、しばし釘づけとなってしまいました。

浩元さまには数年前お目にかかる機会を戴きましたが、それより厳しい修行をさらに深められ、ご満行間近となられていらっしゃいました!
168
しかし、そのような厳しい苦行のことも笑い飛ばされ楽しく話をなさる姿に新たな阿闍梨様の誕生を確信!
有難いお加持を頂戴して、もう一年間たまりに溜まった淀みが清流となる心地で帰途に。

この日は一日素晴らしい景色が変わることなく帰りには夕日に美しく映える雲の流れと遠くの山の峰に再び感動したのでした。
(浩元さまも、このように長く雲の景色が続くのは稀なことですと仰っておられました!)
170
ご案内下さいました千葉様、ご一緒下さいました皆々様に感謝申し上げます!

また伺いたいなぁ~(^^)

島田宿

今年は島田の帯祭り大祭の年で、10月には賑やかに大祭が行われました。

私の伺っています第二街の地元のお囃子会「若嶋連」は何回目かの代替わりをしてフレッシュでしたが、
OBの方達もうずうずしていたようで、忘年会を兼ねて「久しぶりにお囃子をしてみましょう会」を開きました!
159
「もうぜんぜん太鼓や鉦にさわってないから~」と言いながらも嬉しそうに皆さん準備を。

いざ打ち出すと皆さんピシっとして、本番でもいけそうですね~っといった感じでした。
160
島田の皆さんはほんとうに大らかな方達で、楽しくのんびりとしたひと時でした。
「毎年一回でもいいのでこんな会をしましょう!」
との嬉しい声がありましたので、是非また集まりたいと思っております!
161
ずーっと受け継がれてゆく祭りという町の大切な行事。
このまま長く続いていきますように!

11月も半ば過ぎ…

最近このお店のランチが気に入ってます。
154
近所のお店ですが、ランチに「野菜プレート」というのがありましてサラダや煮物や天ぷら等になった野菜が乗っていて、スープとパンが付きます。
ここの店主はもともとライブハウス「ブルーノート」の食事を作られていた方で、独立して奥様と二人で切り盛りしています。
気軽に入れるお店です。

さて、いよいよ11月も半ば過ぎとなりました。
すぐに師走がやってきます。
国立音楽大学も卒業生のアルバム作りが始まってます。
155
長唄囃子サークル「チリカラ座」の写真も載せるべく撮影となりました!
156
みな可愛い生徒たちで頑張り屋です。
来年も沢山部員が入り、このサークルが長く続きますように!

女子東音会

国立小劇場にて女子東音会演奏会が開かれました。

毎回お客様も多く、盛会な女子東音会。
148
今回私は高砂丹前、橋弁慶、俄獅子、紀文大尽と演奏させて戴きました。

囃子方はその舞台の状況に合わせて柔軟な演奏スタイルを要求されます。
今回のように女性の三味線、唄の演奏会と歌舞伎の舞台演奏と同じようにしてしまったら成立しません。
しかも大きな音が出る打楽器と笛が三味線と唄の前に座るという舞台配置にも囃子方は気遣いが必要となります。
頭では解っているつもりでも、本番の演奏となるとなかなか冷静にできません。がしかし常に心に留めておくべき事の一つです。
難しいことです…


終演後には歌舞伎座近くで附け打ちの会「和の音」公演の打ち上げがありました!
150 (800x600)
歌舞伎座に近いこともあり清元昂洋さん、尾上右近さんご兄弟にお目にかかるなど愉しいハプニングもありつつ…
149 (800x600)
次回公演の妄想などで話も盛り上がり、夜は更けたのでした…
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ