2017年05月02日

下浚いにて

杉浦先生こと杵屋五三吉先生と初代田中傳一郎先生の追善の長唄会が開かれます。
昨日は下浚いが行われました。
186
これは鏡獅子!

杉浦先生には学生時代から大変お世話になり、思い出深い先生のお一人です。
ご子息の五吉郎さんは大学の先輩、邦ちゃんこと元太三郎さんは同級生。
その邦ちゃんが二代目田中傳一郎を襲名するお披露目の会でもあるのです。
初代傳一郎先生は我師寶山左衛門先生が若き日にずっと舞台を共になさっていた先生です。

この大切な会に参加できますこと、とても嬉しく光栄に思います!
189
これは黒髪。
こういう渋い曲を演目に選んだりまた笛のみを添えるなんてお洒落な感覚が先生譲りの息子お二人。

この会には宮田哲男先生や堅田喜三久先生と人間国宝の偉い先生方の他、私の同級生や年代の近い方達が大勢助演に来ており、とても感慨深いものがあります。
おっさんになった姿で記念写真撮ろうか~なんていうことで。
185

よい演奏の素敵な感覚を共有することのできる有難い人たちです!


音楽に対する感覚といえば、最近読んでみました本にとても共感できる面白い本がありました!
「蜜蜂と遠雷」
恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」です。
なんとなく表紙の感じと題名に惹かれて手に取りました。
分厚くて大きな本なのでちょっとなぁ~とも思いましたが、全く気にならないほど楽しめました。
ピアノコンクールが題材になったものですが、全く違う様式をもつ我々の音楽にも通ずる感覚が西洋音楽の根源にあるように描かれてました。
恩田さん、どんな方か会ってみたいな~(笑)


fuefuki_kan at 19:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年04月24日

赤坂辻留さん

新宿柿傳の安田さんからのお誘いで不思議な集まりに参加してみました。
場所は赤坂辻留さん。
私のような者には無縁の場所ですが、折角ご縁を戴きましたので初めてお邪魔しました。

メンバーは都一中さんとパッケージデザインをなさる桑和美さん、そして古美術商であり英語ペラペラ俳諧師の宮下惠美子さんと私。
image


なんとも濃いメンバーで、どうなるかと楽しみにお伺いしたのでした。

辻留さんは端正なこしらえのお店で、しかも地下のためかとても静かな空間でした。
image

個性的な軸や魯山人の器などが普通に使われておりましたが、なんといってもお料理がとても美味しかったですね。
image

普通の懐石の流れでしたが一品一品がとても丁寧に料理されていて素材への拘りがとても感じられました。
食事が終わった後に料理人の石井さんがお料理のことや先代ご主人との思い出などとても興味深く愉しいお話を沢山してくださいました。
この方は先代の元へ若いこらから弟子入りしずっとこの道を探求なさってきた叩き上げの素晴らしい職人さんです。

濃密なそして愉しい時間を過ごすことが出来ました!
ご縁を頂戴した安田さんに感謝です(^-^)

fuefuki_kan at 07:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月12日

ニ・ゲ・ラ

お茶会の稽古が終わり、久しぶりにお濃茶の稽古を戴きました。
…どうしてこう物忘れが激しいのでしょうか…私。
全く思うように身体が動きません(笑)

日常になかなか取り入れられないので、なかなか身体で覚えられずどうしても頭で考えるからですね。
まあ、細く長く続けよう!と自分で慰めております。


話は全く変わりますが、子供の頃は花に全く興味がわかず花の名を今でも本当に知りません。
しかし、年をとってきたからかこの頃は花が少しずつ目につくようになりました。
今日もこんな花を見て不思議な感じだけど可愛らしいなぁーなどと…
image
ニゲラという名の花だそうです。
ハーブ的な薬効もあるようですよ。
image

なかなか良いものですね、花も。

fuefuki_kan at 20:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月29日

お茶会

先日私の茶道師匠の記念の大きなお茶会がありました。

茶道会館という素晴らしい場所でのことでした。
2017茶会5
五つのお茶席でお客様をお迎えしました。
2017茶会3

その中の一つ、男子の薄茶席でお点前を!
大きなお茶会は初めてのことでしたが、粘り強くご丁寧にご指導くださった先生や、先輩諸氏のお助けにてなんとか勤めることができました…と思います。
勿論手順を追うのが精一杯という情けない状況ではございましたが(笑)
af422413-a449-43cc-bdd4-1ce1992009e2
心強いことに銀座うち山のご主人が半東をしてくださいました!

男子席の皆さんで!
2017茶会1

今回は先生の古希のお祝いも兼ねており、お茶会終了後はお祝いの宴会となりました!
2017茶会7
千葉家のご令嬢と作家の浅見さん。

宴会で先生の古希お祝いと社中の発展お祈りいたしまして少し演奏させて戴きました。
2017茶会8
先生にはお元気でずっとご指導賜りたいと心より願っております!


fuefuki_kan at 15:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月23日

御礼

三越劇場震災チャリティー公演、無事に終了致しました。
image
お弟子さんが勧進帳を吹きましたがとても落ち着いて演奏できました。
助六も無事にお勤めすることができました。

ご来場くださいましたお客様方、ほんとうに有り難うございました。
まだまだ復興ままならない状態です、続けてこの会が開けますように!


fuefuki_kan at 11:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)