2017年03月13日

あれから六年…

東日本大震災からもう六年となりました。

あのとき私は日本を離れ、ドイツへ公演に出ておりました。
そのため実際の揺れは経験していませんが、あの日のことは忘れられません。

朝目を覚ますとショートメールに家内から「家は大丈夫でしたから」っと一言だけ入っており、その時は何のことか分からず朝食を食べようとビュッフェに行って初めて日本が大変なことになっていると知りました。
急いで部屋に戻りテレビをつけると悲惨な状況が生々しくニュースに放映されており、身体中に電流が流れたような恐怖を感じました。
すぐ自宅や家内の携帯に連絡を入れましたが既に全く繋がらない状態でした。
公演に同行していた仲間も連絡がとれず、不安が膨らむばかりでした。

私はただの一言でしたが家内のとっさの心遣いのお陰でどれほど救われたか分かりません。

私達は遠く離れたところにおり、何もできない無力さに苛まれましたがドイツの方々は本当に親身になって日本と私達の家族のことを心配してくださいました。
また飛ぶか飛ばないか分からないような帰途の空港でも話をした全ての方々から「あなたは日本人ですか?とんでもなく大変なことになってしまいましたね…あなたの家族の無事を祈ります」と。
涙がでました…

未だに復興ならない東北の状況に少しでも力になりたいと今藤長十郎先生が中心となり始めたチャリティー公演。
今年も行います!
私は助六を演奏させて戴きます。
是非よろしくお願い申し上げます。
image


fuefuki_kan at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月07日

面白live

日本武道館で面白ライブがありました。
image

勿論、古典の演奏会ではないのですがオープニングに長唄囃子の演奏を。
image

今話題のピコ太郎さんのライブでした(^^)
image

国立劇場さんがアップをした動画のものを演奏したのですが、もともとその動画で笛をお吹きになっていたオリジナルの方がご都合つかなかったため、私のようなおじさんに白羽の矢が立ったのでした(爆)

ゲストも沢山、家族連れのお客様も多く賑かなライブでした。
image


fuefuki_kan at 19:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年03月01日

真しほ会に

昨日は藤舎流の演奏会「真しほ会」に伺わせて戴きました。

地方の先生方は曲によって考えられており、流儀主催の演奏会ならではの贅沢さでした。
お客様も沢山で賑やかな会場となっておりました。

お囃子の演奏はやはり流儀の色がよく出ているように思いました。

会場にて一枚
182
お二人とも楽しんでいらっしゃったようです。


fuefuki_kan at 13:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月25日

金沢へ

東京から新幹線で金沢へ。
雪が降るとの予想でしたが今のところはお天気良好。
image

明日、石川県立音楽堂です行われる「邦楽ルネサンス」のリハです。
image

新曲の三番叟です。

明日の午後2時開演!

fuefuki_kan at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月21日

長唄協会定期演奏会

本日、長唄協会主催の「春季定期演奏会」が開かれました!
181
国立大劇場ということで、長唄演奏会にはかなり大きい舞台でしたが、お客様も大勢お運び戴き有難いことでした。

今回は「伊勢参宮」と「時雨西行」を演奏させて戴きました。
伊勢参宮は四世杵屋佐吉師の作品で作調は先々代の福原百之助師と縁の深い演目で演奏も三味線と長唄は佐門の方々、囃子は福原一門となんだか嬉しいお役でした。
時雨西行も二世杵屋勝三郎師作曲で演奏は杵勝会の方々というこれも嬉しいお役でした。
二作品ともとても情緒のある作風と曲の特徴を引き立てる素晴らしい作調です。

いろいろな流派が一度に集まり、いろいろな曲を演奏しておりますので、今後も沢山のお客様にお運び戴けますように精進したいと思います。


fuefuki_kan at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)