2011年09月

2011年09月30日

笛袋

普段、だいたい20管ほどの持ち歩くが、
取り扱いしやすい様にする為、纏めて袋に入れる。
笛袋
最近お気に入りで使っている笛袋。
綿素材でしっかりした生地に絹の裏地。
底には皮を使用。

香川県に住む八木さんが作ってくださった物。
芋版で染めた柄がなかなか面白く、
小さな袋もお願いして作って戴いた。

有難うございます!

fuefuki_kan at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月29日

大阪新歌舞伎座公演も

當祝2
九月大阪新歌舞伎座公演が千秋楽を迎えた。
この度は、勘太郎丈と七之助丈の「男女道成寺」と
勘三郎丈の「文七元結」と「お祭り」を演奏させて戴いた。

勘三郎さんの復帰初本興行だが、「まだ本調子じゃない」とご本人。
楽屋でお目にかかったり、舞台転換のひと時など
まだちょっとお元気でないのかな? という感じをうけたが、
後半になってくると徐々に元気になられたような感じ。
「良かった~!中村屋が戻ってきた。」と思った。

来年には勘太郎さんの勘九郎襲名が控えている。
無理をしないようにどんどん元気になって戴きたい。

fuefuki_kan at 00:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年09月16日

音大と邦楽

今、音楽大学で邦楽の授業を開いているところは多い。
教職免許取得の為に単位が必要で、
其の為の授業といってよい。

しかし、一年または半年スパンの授業では
なかなか必要なことを形にした内容にするのは難しい。

邦楽を勉強するのにとても大切なことの一つに正座・楽座といった演奏スタイルがある。
これを授業に取り入れるためには畳か絨毯のように座れる教室が必要。
しかし、大学内にそのような教室はほとんど無い。

ピアノと笛私が伺う大学にも畳の教室は無く、
別の建物として広い茶室のような施設があるのみ。
古くから邦楽に取り組んできている音大ではあるが、
根本的な理解が薄いことは否めない。

大学自体にもただの教職単位修得授業の感がある。




一年や二年では演奏を深く習得するのは不可能。
その期間で日本音楽の何が大切なことなのかを感じること、
またそこに洋楽とは全く違った楽しみのようなものを見つけることが大事だと感じている。

その手助けに大学内に日本を感ずることのできるスペースや物が少しでも多くなると嬉しい。


fuefuki_kan at 06:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年09月08日

打ち合わせ

大阪新歌舞伎座公演が昼の部のみだったので、
夜に志ん輔さんと打ち合わせを。

いよいよ近づいてきた会、
別所さんの台本を受け取り、宿題を。
「大阪で練ってきます」と約束をし、
それでは~乾杯!
新宿は島たぁちの夜は和やかに更けてゆく。

コンビ

志ん輔さんと一緒にやって来た写真家の飯島さん。
実家がお寺で、修行もなさりその資格も持っていらっしゃるとか。
大きな仕事をなさっているのに、気さくな方でお話しやすい!
志ん輔師匠の仲間はみなさんユニークで楽しい。


師匠も今日からは東京を離れるようですが、
会に向けて頑張りましょう。



fuefuki_kan at 07:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月01日

大阪新歌舞伎座

大阪上本町の新歌舞伎座公演の稽古に入った。

勘三郎丈の復帰初の歌舞伎ということもあり、早々にチケットは完売。

ご先代も得意とした清元「お祭り」は、短いながらも勘三郎丈の復帰を飾る華やかな演目となりそう。


fuefuki_kan at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)