福原寛ブログ 笛に想う

福原流笛方 福原寛のブログです。 どうぞよろしくお願いします。

2012年03月


三越劇場にて東日本大震災へのチャリティー長唄公演がありました。
演目
花見踊
越後獅子
操三番叟
角兵衛
楠公
忍車
鷺娘

私は女子東音会の先生方の演奏「操三番叟」と今藤長十郎先生と尚之先生方の演奏「鷺娘」にご一緒させて戴きました。
それぞれどの演目にも気持ちの入った勢いのある演奏だったな~と思います。
あっ、そういえば二丁柝が入いった後に緞帳が上がらなくなってしまうというハプニングがありました。(ナイショですが)

お客様も沢山ご来場戴き本当によかったです。
この公演は長十郎先生が中心になられて開催したものですが、
このような活動を長唄界でも続けていきたいとおっしゃっていらっしゃいました。
そうですね~我々が出来ることは少ないのですけど、出来ることを精一杯したいと思います。

終演後、長十郎先生ご夫妻とお弟子さん方などの皆さんで打ち上げの様な食事会を!
今藤グループは皆さん仲が良くて微笑ましいですね。
二次会ではとあるBarに。
この店が面白くて、いろいろな物を燻製にして出しているのです。
なんと醤油やオリーブオイルなどの液体も!(これがなかなか美味しく香りも食欲をそそります)
そこで戴いたジンがまた美味しかったですね。
ジン
こんな可愛らしい形の瓶でした。
また伺う機会をつくれましたらいいなと思います。

続きを読む

本日の市川猿紫さんの舞踊会、ご盛況のうちに幕がおりました。
演目が「操三番叟」「藤娘」「かさね」と猿紫さんは大変でしたが、さすが役者さんは体力が凄い。
体力があるのも役者の素養の一つだといつも感じます。

最後のカーテンコールに猿之助丈が舞台に登場してお客様も大喜びでした。
6月には猿翁として襲名公演に出られるとのこと、やはり舞台にかける執念は凄いものがありますね。
素晴らしい!

平成中村座の六代目勘九郎丈襲名公演が始まりました。
本日は初日で歌舞伎日和のぽかぽか陽気、しかも満席でした!
私は昼の部ですが、勘九郎さんは「一條大蔵譚」で大蔵卿を大奮闘演技!
私は三段返しの「舞鶴雪月花」を吹かせて戴きました。
花を七之助さんが艶やかに舞、月では仁左衛門さんと千之助さんの虫の踊が可愛らしい。
お孫さんとの舞台に仁左衛門さんも目じりが下がっているような~
そして雪を勘三郎さんが!
雪達磨のユーモラスな振りと洒落の利いた演出が中村屋にピッタリ。
とても良いですよ。
是非お出かけください!

このページのトップヘ