福原寛ブログ 笛に想う

福原流笛方 福原寛のブログです。 どうぞよろしくお願いします。

2013年04月

昨年の暮れ、京都南座顔見世興行に伺っているときに縁があって山本起也監督と食事をご一緒させて戴きました。
その頃にちょうど京都で映画「カミハテ商店」が上映されていたのですが、歌舞伎の時間と重なり観ることが出来ませんでした。
地方上映もすれ違い残念と諦めていたところ、下高井戸シネマのナイト上映になんとか伺うことが出来ました♪
終演後なんと山本監督が京都より駆け付けてくださり、一回限りのトークもありとお得な上映会だったのです。
image

重い題材の映画で正直とても疲れましたが、それほど山本ワールドに引き込まれたということです。
始まりのシーンから衝撃的でビリンバウ?かな、民族弦楽器の響きが過去と現在を繋ぐようです。
変化の無い毎日にを置いてきぼりにする様な振り子時計の時を刻む音が高橋恵子さん演じる主人公の心の闇を更に大きく見せる。
時間の経過も主人公の変化もそのきっかけもあまりにも日常の出来事で身近に普通に起こり得ることということもあって、最後のシーンでは高橋恵子さんの表情に救われたような思いがして会場がフワッと明るくなったように感じました。
音楽もアコースティックで薄い感じがかえって映画内の日常の繰り返し的な時間の経過を際立たせていました。

観に行けて良かった作品でした。
高橋恵子さんも本当に素晴らしい!
山本さん有り難うございました~!
お目にかかってまたゆっくりお話を伺いたいですね!

四国の稽古に伺いました。
徳島ではいつも佐篠先生にお世話になっておりますが、このところ可愛いお孫さんが笛と太鼓の稽古に来てくれます。
小さな手で一生懸命手孔を塞いで吹く姿はとても健気で癒されます。
頑張れお弟子さん最年少!

高松稽古場にはいつも女将さんが綺麗な花を活けてくれます。
image

嬉しいですね。

今、琴平の金丸座では猿之助丈の襲名披露公演が行われてます。
この公演に来ている囃子方の仲間がわざわざ高松市内まで会いに来てくれました!
公演の様子や藝談で盛り上がった~。
image

シャムロックという落ち着いたバーにて。
とても良いバーで、ここも高松お弟子さんの一人から紹介してもらいました!
地方でたまたま会えたりすると、東京の時とはまた違った盛り上りがあってなかなか面白いですね!

前日の嵐に心が騒ぎましたが、翌朝になると雨はすっかり上がって少し蒸し暑さを感じるほどの天気になりました。
お茶の福田先生のお計らいで、千鳥ヶ淵戦没者墓苑御献茶会に出席させて戴きました。
福田先生のご紹介ということと、御献茶奉仕をなさる表千家の千葉宗立先生のお計らいで、私のような素人が来賓席で献茶の様子を拝見することができました!
image

宗匠とご一緒に。

雨が上がったとは言うものの御道具も飛んでしまうのでは…と思うほどのかなり強い風が残っていて「こんな中でお点前ができるのだろうか?」と心配していましたが、宗匠のお点前が始まると其処には別世界が現れました。
ゆっくりと見える動きには全く澱みはなく極自然体で、まるで自然の景色を眺めているような空間が存在しました。
融通無碍とでもいうのでしょうか、強風にさらされた場所で淡々と進むお点前には何か宇宙が存在するようで端正で美しい。本当に美しい。
お近くで拝見できて本当に良かった!感動致しました。
演奏者としてあそこに到達できたならさぞ素晴らしいだろうなどと思いながら沢山お茶を頂戴して心もお腹もいっぱいになった贅沢な一日でした。

浅見五祥さんというとても楽しい陶芸家の方ともいろいろお話をすることができました!
image 五祥さんと!

名古屋御園座公演の為、東京や沼津のお稽古が休みになっていましたが、久しぶりに沼津稽古場にいって参りました。

皆さんお元気でお変わりなく一月ぶりのお稽古を楽しみました。
お弟子さんに「こごみ」と「蕨」そして「筍」を沢山戴きました!
image

これは「こごみ」です!
鮮やかな緑と春の香りが嬉しいですね!

さっと茹でてそのままサラダの様に
戴きました。
蕨もおひたしに!
筍は味噌汁にと堪能致しました。
有り難うございます!

春を直に感じることの出来た有り難い頂き物でした!

このページのトップヘ