福原寛ブログ 笛に想う

福原流笛方 福原寛のブログです。 どうぞよろしくお願いします。

2013年12月

先斗町公園から歌舞練場までのちょうど中程に、鳥料理の房さんという店があります。
ご夫婦のみで仕切るカウンターだけの店ですが、こじんまりととても落ち着ける良い場所でした。
勿論料理が美味しいし、ご夫妻の人柄がとてもあたたかいからということです。
image


名残惜しいのですが、今月末でお店を閉められるとのこと…
長い間有り難うございました!

先日伺ったら友人のお子さんがお祖母さまといらっしゃっていてこの偶然の出来事にとても盛り上がったのでした。
image


今度はご夫妻と一緒に食事が出来ると良いと思います。

京都南座顔見世興行も中日間近となりました。
しかし、京都はことのほか暖かく過ごしやすい日が続きます。
今年も京都滞在中に比叡山律院の大阿闍梨様にお目にかかれたらと思っていましたら、千葉宗立先生の御嬢さん親子で行きますので、一緒にどうでしょうか?ということとなり、それは是非とご一緒させて戴くこととなったのでした!
image

阿闍梨様と。

先の週末に大護摩焚きの行をなさったばかりとのお話でしたが、お疲れもお見せにならずいつもと変わらずその日も。
穏やかな阿闍梨様のお話で和んだ後は、静かではあるが不動明王の破邪の力強い護摩焚きの祈祷。
日常の時間の流れに押し流されるような毎日からすっと抜き出されるような貴重な一時でした。

千葉先生の御嬢さんと偶然あちらでお会いした祗園井筒屋の大女将さんと。
image


晴れやかな心持で京都市内に戻るとなんと!キレイな虹が。
阿闍梨様、千葉家皆様、有り難うございました!
image

二週間足らずの短い間でしたが、無事にニューヨーク公演が終わりました。
成田夕方発のフライトで、NYに到着後ホテルに。
画像1

こじんまりしたホテルでしたが、なんとボブ・デュランなどのミュージシャンが数々泊まっているなかなかのホテルのようです。
ワシントン・スクエアガーデンの隣りです。
朝の公園の空気が気持ちの良く、リスがチョロチョロと木の実を埋めていまいした。
画像1

一つ目の公演はダンススクールの子供達に演奏と音楽紹介というワークショップの様なものでした。
子供達のキラキラした目が印象的で質問なども積極的にしてくれました!
画像1

今回の公演は「にちでんでん」主催でしたが、いろいろな方のバックアップにより成立してました。
川崎大師の隆一和尚には大変お世話になりました!
また、現地のこのお二人には事前の舞台交渉や当日の進行、音響などなど
素晴らしい腕前で助けて戴きました。
以前に高麗屋の付き人をなさっていた井上さんと音響スペシャリスト安藤さんです!
画像1

二つ目の公演はショートフィルムの無声映画に生音を付けるというなかなか面白い企画。
画像1

サムライ映画でちょっと懐かしい感じを受けるものでした。
二回公演の合間になんと同じフロアーで舞台リハをしていたスティーブ・ブシェミに会ったり、カフェに行こうと道にでたらダスティン・ホフマンにばったり会うなどNYを実感する日でもありました。
三つ目の公演が最後で、アジアンソサエティーのビル内ホールにての公演。
お客様も沢山ご来場いただき、良い公演になりました。
画像1

画像1

バックのスクリーンに浮世絵などの映像を映しながら英語のMCを入れ、
古典曲をいろいろ抜粋して1時間15分程の長い通し公演でしたが、熱心に聴いてくださり沢山の拍手を頂戴しました!
来年も企画を!という声も戴いたようで嬉しいかぎりです。
終演後ロビーにてフランコと。
とても親切な方で、移動の車を運転してくれました。
画像1


全ての公演が無事に終了し、内輪の打上げ。
画像1

有り難うございました!

このページのトップヘ