福原寛ブログ 笛に想う

福原流笛方 福原寛のブログです。 どうぞよろしくお願いします。

2017年04月

新宿柿傳の安田さんからのお誘いで不思議な集まりに参加してみました。
場所は赤坂辻留さん。
私のような者には無縁の場所ですが、折角ご縁を戴きましたので初めてお邪魔しました。

メンバーは都一中さんとパッケージデザインをなさる桑和美さん、そして古美術商であり英語ペラペラ俳諧師の宮下惠美子さんと私。
image


なんとも濃いメンバーで、どうなるかと楽しみにお伺いしたのでした。

辻留さんは端正なこしらえのお店で、しかも地下のためかとても静かな空間でした。
image

個性的な軸や魯山人の器などが普通に使われておりましたが、なんといってもお料理がとても美味しかったですね。
image

普通の懐石の流れでしたが一品一品がとても丁寧に料理されていて素材への拘りがとても感じられました。
食事が終わった後に料理人の石井さんがお料理のことや先代ご主人との思い出などとても興味深く愉しいお話を沢山してくださいました。
この方は先代の元へ若いこらから弟子入りしずっとこの道を探求なさってきた叩き上げの素晴らしい職人さんです。

濃密なそして愉しい時間を過ごすことが出来ました!
ご縁を頂戴した安田さんに感謝です(^-^)

お茶会の稽古が終わり、久しぶりにお濃茶の稽古を戴きました。
…どうしてこう物忘れが激しいのでしょうか…私。
全く思うように身体が動きません(笑)

日常になかなか取り入れられないので、なかなか身体で覚えられずどうしても頭で考えるからですね。
まあ、細く長く続けよう!と自分で慰めております。


話は全く変わりますが、子供の頃は花に全く興味がわかず花の名を今でも本当に知りません。
しかし、年をとってきたからかこの頃は花が少しずつ目につくようになりました。
今日もこんな花を見て不思議な感じだけど可愛らしいなぁーなどと…
image
ニゲラという名の花だそうです。
ハーブ的な薬効もあるようですよ。
image

なかなか良いものですね、花も。

このページのトップヘ