名古屋明和高校中村勘三郎丈

2012年01月15日

HP更新

ホームページの「笛に想う」のvol.4載せました。
よろしくお願い致します!


昔(30年ほど前)、父がまだ小学校の教員をしていたころ、
当時の授業をNHKの「教師の時間」という番組に採り上げてくださったことがありました。
当時は日本音楽が教育の場に全く無く(レコード鑑賞をする程度がせいぜい)
世の中にこのような動きもなかったのですが、
父は自分が勉強しながら小学生に音楽の授業時間の三分の一程度を鼓や笛を使った授業にあてていました。
その映像が残してあるのですが、それを見ますと懐かしさとともに感動を覚えます。
今の教育の現場は、当時父が望んでいた形に少しずつ向かっていますし、
その小学校の卒業生から何人も邦楽の指導者が育ちました。
父の熱意が伝わるその映像は私の大切な物の一つで、是非音楽教員を目指す方達に見せたいと思う物です。
国立音楽大学の授業の中では必ず見てもらうようにしています。

その映像を見てもらった学生の中の二人が、私の息子が通わせて戴いている中学校の音楽教師となって、邦楽を熱意をもって授業に取り入れてくれています。
入学式に伺い、偶然このことを知りましたが、とても嬉しく頼もしくおもっております。
これからも国立音大では、父の精神を大切に授業を頑張り進めたいと思います。


fuefuki_kan at 15:37│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
名古屋明和高校中村勘三郎丈