落合楼村上

2013年08月12日

大黒屋演奏

那須塩原の板室温泉「大黒屋」。
静かな山間にある温泉宿。

ご縁があって音を楽しむ会にこのところ毎年出演させていただいてます。
前回は噺家の古今亭志ん輔さんとの共演で「茶の湯」を。
今回は筝曲の山勢麻衣子さんにいらっしゃって戴き、「八千代獅子」を演奏しました。
DSCN0297
宿泊のお客様にロビーエントランスに集まって戴いての演奏会ですので、
椅子を使った座奏となるためちょっと様子がお客様から見難いのですが、
立って演奏するのは邦楽演奏にとって最も効率の悪いスタイルですのでお許しいただき…

(腰を据えて支えの位置を丹田に決める邦楽の演奏スタイルに最も適しているのはやはり正座です。支えを決めにくい立ったままの演奏がしやすいと感ずるのは逆に邦楽の演奏スタイルを理解していないといえるでしょう)

初夏ということもあり「月見草」や童歌などのメドレー、そして八千代獅子というプログラムでした。
いつもながら大黒屋のお客様方は皆さんとても熱心に演奏を聴いてくださり、質問なども積極的にしてくださいます!

この良い機会をくださる大黒屋の社長と奥様に感謝しつつ。
DSCN0352


またお目にかかれますのを愉しみに!


fuefuki_kan at 00:25│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
落合楼村上