名古屋「藍の会」裏磐梯高原ホテル公演

2014年04月14日

小間のお茶事

表千家の福田宗耕先生にご縁があって昨年の初釜より入門させて戴きました。
不真面目な弟子に先生はとてもご丁寧な指導をくださり、
なんと先日、先生のお宅にて初めてのお免状を頂戴することが叶いました。
(これでやっと入門が叶ったということになりますね!)

何にしても全てが初めての私を先輩方が先導してくださり、お免状授与式なんとか終わることができました。
福田先生のご配慮により、先生宅の小間にて全てのお茶事を!

四人でのお茶事でしたので、とても密な感じでありながら、福田先生や先輩方のお人柄により、あたたかな雰囲気に終始包まれておりました。
初めての私にはなんとも有難く、嬉しいことでした!

折敷の春満載のお弁当は内山さんの特製!
向付は福田先生自らお作りくださいました。
とても美味しくてついついお酒もすすんでしまいます。
お免状授与式1
そして煮物椀も先生の!
蕪と桜鯛のお椀は身も心もホカホカです。
お免状授与式3
中立の後に小間へもどるとこんな可愛らしい花が!
お免状授与式2
右に垂れた赤い花は「鯛釣り草」という野花だそうです。
ご自宅で鉢植えになさっていたところ、たまたまこの良き日に咲いてくれました。
先生からは「皆さんの心がけが良いから…」とひやかしのお言葉を戴きましたが、
これも先生のお蔭です。

この日は天気もよく、晴れ渡った空が朝から我々を迎えてくれました。
小間に流れ込むそよ風のような空気がとても心地よく、緊張しながらも至福の時でした。

寄付きに掛けられた軸に「古今無二路」
茶道の心はこの言葉にあり、それは全てのことに通じますとのお話を戴きました。
心に留め前へ歩んで参りたいと存じます。



fuefuki_kan at 11:58│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
名古屋「藍の会」裏磐梯高原ホテル公演