2017年05月23日

和んぱく会


204

名古屋池下の古川美術館近くにある為三郎記念館。
197

とても風流な造りの建物に素晴らしい庭があります。
庭に野外舞台を作り、パフォーマンスをしました。

踊りとお茶とお花と陶器、そして笛の演奏。
201
花活けにも絡む演奏もあり、通常の演奏会とは異なる趣向で面白い会になりました。
203


200

和んぱく…変わった名ですが、今回で五回目。最初に主催したメンバーが50歳で半白、和物を発信するということでこの名前になったそうです。
私は2回目の参加でした。

陶芸家の故加藤春鼎さんのご縁で参加させて戴きました。
193
そして今回から春鼎さんの親友谷本洋さんも参加なさいました!
199
谷本さんの伊賀焼の素敵な器に小川さんが大胆に活け込みます。
198
勿論中に春鼎さんの作品も!
194
お茶席では表千家の谷口さんがおもてなしです。
192
今回の和んぱく会を表現した床の間です。

196
綺麗なお菓子はかきつばた。

沢山のお客様にご来場戴き、濃密な時間が流れるひと時となりました。
ご協力くださった古川美術館の学芸員の皆様、ご来場くださったお客様、有り難うございました!
195

西川まさこさんの〆のご挨拶で幕となりました。
202



fuefuki_kan at 17:23│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字