2017年06月19日

両親に感謝

名古屋平成中村座終演後に中村梅枝さんご一家と食事をご一緒させて頂きました。












学生時代からお世話になってます皆さんと愉しいひと時を過ごすことができました!

中央にいらっしゃるのは今日の料理を仕切ってくださった料理人の方で私は初めてお目にかかりました。
今西錦司さんという方でとても気さくにいろいろ楽しい話をしてくれました。
中でも名前の話はとても共感できるものがあり、なんだか嬉しくなりました。
この方はキンジさんという名が子供の頃はとても嫌で悩んだこともあったそうです。おじいさんのようで、友達や年上の子供達にからかわれたりしたそうです。

しかしこの名前と同姓同名で日本の生態学者、文化人類学者の素晴らしい方がいらっしゃいまして、そんなことからお客様とお話がはずんだり、とても素敵なご縁ができたりと大切な繋がりが沢山できたそうです。
ご両親はこの学者さんがとても好きで、そんなことでこのお名前をつけられたそうです。
いまではとてもご両親に感謝していらっしゃるそうです。




















私も同じ様に子供の頃は自分の名前があまり好きではなく、なんとなくコンプレックスを感じておりました。
が、今はとても寛(カン)という名が好きです。
当時は珍しい名前でしたが、両親のセンスと心にとても感謝してます。
そんな心地良い心境を思い出した時間でした!
名前はある意味人を縛るものですが、親がくれた世の中でたった一つのものだと素直に受け入れられたとき、縛りから放たれます。
そして自分の名前がとっても好きになります。
(^-^)v


fuefuki_kan at 23:45│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字