カーネギーホールにて渋谷のJaz Live house

2018年06月29日

過密

ニューヨークから帰国して翌朝、山形へ出発しました。
IMG_2411
東北新幹線に乗ってますと緑生い茂った山々が沢山見えます。
ニューヨークの喧騒と全く逆世界。時差ボケもあってうつらうつらしてますと!
「………山形〜」の車掌アナウンスが耳に入り、あっ!降りなければと思いバタバタ支度をし無事に新幹線を降りました。
新幹線が発車したあとになんとも長閑な景色が目に入ってきます(^^;
IMG_2412
な、な、なんと、一つ前の駅で降りてしまった…チーン…( ゚д゚)
山形へは鈍翁茶会に伺うため、お茶の先生とご一緒してましたが、行きがけにとんだボケをかましてしまいました。
早速先生に連絡をし、鈍行電車で追っかけます。
笑い話のネタを作ってしまいご迷惑をかけたと恐縮しつつ合流しました。
IMG_2413
先生も先生のお友達の皆様も優しく呆れながら迎えてくださり、とりあえずはホッと一息。

山形はさくらんぼ祭で賑わい、人も沢山出てました。
IMG_2415

鈍翁茶会では大徳寺塔頭の徳禅寺和尚様がお濃茶席を持たれており、本席の置かれた道具にはただただ圧倒されるばかりでした。
中でも徹翁と書かれた軸には底知れない力強さを感じ、床に飾られた花入と花は楚々とした中にも凛と張りつめた空間を作っており、仏様が座すのでは…と思うほどでした。
風炉も釜も今まで拝見したもので最高のもので言葉がありません。
何も分からない私が感じたほどですから、茶道具に詳しい方が見ればその驚きと喜びはもっと凄じいと思います!
よい経験をさせて頂きました。

洋服に着替える間も無く、新幹線で帰京したのでした。
濃密な時間でとっても疲れはててしまいましたが、伺ってよかったと思うのです。

翌日には今月7日にある七夕コンサートのリハーサル。これも初めての方々との公演のため手探りから始まるリハーサルでなかなか大変でしたが、うまく纏まりそうで安心安心^_^
IMG_2420

杜けあきさんの語り、吉岡しげ美さんの歌とピアノ、町田さんのチェロ、雅葉さんの箏と私という不思議なユニットの公演です^_^

これが終わりすぐ移動し、私と勝三郎さん、忠次郎さん味見さん新十郎さんの五人が発起人となっております若者達の長唄・囃子「清響会」の練習に伺い、その日は終了。

翌日は昼間に自宅の稽古をし、夜は五三魅先生のCDのための下浚い。
船弁慶はやはり大曲ですね。しかしとても素晴らしい作品で演奏していて盛り上がらずにはいられません!

翌日は舞踊会の下浚いとお茶のお稽古!
その翌日は大学の講義と五三魅先生の録音本番!
IMG_2425
笛はブースに入っての演奏で、他の楽器の息合いが受け取りにくい状態でしたが、スタジオエンジニアの方々のフォローも素晴らしく無事に終了。
本日からは名古屋の稽古!






fuefuki_kan at 13:30│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
カーネギーホールにて渋谷のJaz Live house