栃木にてチリカラ

2019年02月25日

グッときた

四国のお稽古に参りました。
先ずグッときたその1!
徳島のお弟子さんのお稽古をしてまして、ちょうどお稽古していた曲が上がった(修了)したので、「次はどんな曲にしましょうねぇー?」
と話したところ、その方は遠慮がちに…
「あのー…長唄廓丹前という曲は無理でしょうか」
( ゚д゚)ちょっと難しい曲だなぁ〜と思い、何処で知ったのですか?と尋ねますと、
「ウヰスキーパパという飛行機の曲乗りをなさる方がいらっしゃるのですが、その方が廓丹前で曲飛行をなさっていたのです。私ふあんなんです」っと。
おお〜〜〜ウヰスキーパパは呑み友達ですよ!
しかも笛のお稽古にいらっしゃってます!
うん、では廓丹前頑張って稽古してみましょう‼️
っとなったのです^ ^

かねてより、ウヰスキーパパさんが長唄の音で曲乗りをすれば、観客の方達に強制的に伝統音楽を聴いていただけるので、何かしらの効果があるのではと仰っていたそのまさに!まさに効果があったという証拠がこんなに身近なところから!
嬉しいなぁ〜( ^ω^ )とウヰスキーパパこと内海さんと本日お話しておりました!

グッときたその2
高松のお弟子さんの詫間さん、笛竹?でしたか、という個人が出されている笛に関する新聞のようなものに記事を書かせて頂きましたと、その記事を見せて頂きました。
こんな記事です!
FullSizeRender
FullSizeRender
いやあ〜嬉しい記事でした。
普段からお弟子さん方にお話している心といいますとちょっと大袈裟ですが、気持ちが伝わっていることと、このように笛のことを大切に思ってくださっていることがはっきり分かり、もうグッときました!

今夜は旨い酒が呑めるなぁ〜




fuefuki_kan at 23:56│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by 由美子   2019年02月26日 19:29
この記事にある加藤夫妻は津賀田中学で一緒に笛を習っていた方たちです。
びっくりでした。
2. Posted by kan   2019年02月26日 21:09
@由美子さん
そうなんですか^ ^
世の中は狭いですねぇ。
3. Posted by Haru & Fumi   2019年03月24日 23:48
本日由美子さんにお会いしてこのブログを教えていただきました。津賀田中では家内がまだお世話になっています! 私は母高校S41卒ですが福原寛先生は同窓S61卒です。私はなんと20年先輩で~~~す! 但し私は和楽館で柔道やっておりましたので全く音楽とは疎遠で音痴でした。しかししかしリストラのおかげで冊子”笛竹129号”(残念ですが今月130号で廃刊になりました。)に投稿した上掲の内容のように太鼓(私)と笛(家内)にどっぷりつかり今年でなんとなんと14回目の秋祭りになりました!笛は本当に興味深い楽器です。今日は間近の席でしっかりと寛先生の演奏を拝見しました!!勧進帳の出だしの能管の音色に感動しました!!!
4. Posted by kan   2019年03月27日 19:25
@Haru & Fumiさん
ご来場ありがとうございました!
またご丁寧にメッセージ畏れ入ります。
今後も何卒よろしくお願い申し上げます!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
栃木にてチリカラ