ハレめずらしく

2019年06月17日

第6回笛ー福原寬の会

六回目の東京リサイタル「福原寬の会」のチケット予約受付を開始致しまた!
FullSizeRender
今回は昼夜二公演となっておりまして、
昼の部は寶山左衛門師を偲ぶと題し、能管・篠笛が美しく幻想的にまた、鮮烈な閃光を放つような重なりを展開する「樹々の密」と「原野」そして三春の滝桜をモチーフにした「三春幻想」、寶先生の思い出話と「京の夜」
となります!
夜の部は、幻と現と題しまして現実と非現実が交錯する世界を表したストーリーの長唄「浦島」「船弁慶」、そしての中島敦短編小説「山月記」をモチーフに創作致しました素囃子「山月抄」を演奏させて頂きます。

助演の皆様も素晴らしい方々です!

皆様のご来場、心よりお待ち致しております!



fuefuki_kan at 12:02│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ハレめずらしく